不景気.com > 国内リストラ > 外食チェーンの「フレンドリー」が15店舗の閉鎖と100名の削減へ

外食チェーンの「フレンドリー」が15店舗の閉鎖と100名の削減へ

外食チェーンの「フレンドリー」が15店舗の閉鎖と100名の削減へ

大証2部上場のレストランチェーン「フレンドリー」は、不採算店舗の閉鎖と、それに伴う人員削減の実施を発表しました。

それによると、同社が運営する「フレンドリー」「源ぺい」「ボンズ」「土筆んぼう」などを対象に、不採算となる15店舗を11月末をめどに閉鎖する予定。

また、35歳以上の正社員を対象に70名の希望退職者を募集するほか、自然減などでも削減を進め、総計100名規模の人員削減となる見通し。

これら措置に伴い、閉店費用や退職一時金等の支出として約5億8500万円の特別損失を計上すると明らかにしています。

経営構造改革計画の策定と特別損失発生に関するお知らせ:フレンドリー

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事