不景気.com > 赤字決算 > フィデックの11年3月期は純損益24億円の赤字見通し

フィデックの11年3月期は純損益24億円の赤字見通し

フィデックの11年3月期は純損益24億円の赤字見通し

東証1部上場の売掛金流動化サービス「フィデック」は、2011年3月期通期連結業績予想を下方修正し、純損益が24億5400万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期通期連結業績予想:フィデック

売上高 営業損益 純損益
前回予想 22億2800万円 2億3900万円 2億7100万円
今回予想 21億7400万円 2億9300万円 △24億5400万円
前期実績 20億2800万円 7400万円 △33億9300万円

債権買取における与信管理の甘さから、6月15日付で上場廃止となった不動産業「ゼクス」の関連会社に対する債権が不良資産となり経営が悪化。

そのため、同債権の譲渡損として17億4300万円を計上するほか、貸倒引当金として6億9900万円、固定資産の減損処理で2億5200万円、計26億9400万円の特別損失を計上することから、通期純損益は一転して赤字予想となりました。

なお、今後は業務・資本提携関係にある「ドン・キホーテ」より資本増強などの支援策を受け、経営再建を目指すとのこと。

特別損失の発生に基づく業績予想の修正について:フィデック

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事