不景気.com > 国内倒産 > 中小企業保証機構が民事再生法を申請、振興銀関連

中小企業保証機構が民事再生法を申請、振興銀関連

中小企業保証機構が民事再生法を申請、振興銀関連

大阪市に本拠を置く融資・信用保証業務を手掛ける「中小企業保証機構」は、10月15日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

2005年に「ビービーネット」(現:中小企業投資機構)の金融サービス子会社「ビービーネット・ファイナンス」として設立された同社は、中小企業向け融資を主力に事業を展開。その後は「日本振興銀行」との資本・業務提携を進め、信用保証業務などを手掛けていました。

しかし、今年9月に日本振興銀行が経営破綻すると、保証債務の発生により資金繰りが悪化。単独での経営再建は困難と判断し、振興銀に連鎖するかたちで今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチなどによると、保証債務を合わせた負債総額は約1269億6220万円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事