不景気.com > 国内リストラ > アイフルが無人店舗30店の削減とテレビCM休止へ

アイフルが無人店舗30店の削減とテレビCM休止へ

アイフルが無人店舗30店の削減とテレビCM休止へ

事業再生ADR手続により経営再建中の消費者金融大手「アイフル」は、店舗削減などを含む経営体質強化策の実施を明らかにしました。

無人店舗を対象として現在の634店から2011年3月末までに30店舗を閉鎖するほか、広告宣伝費の削減を目的として11月1日より当面の間はテレビCMを休止する方針。

この店舗削減措置に伴い、2011年3月期において約1億円の特別損失が発生する見通し。なお、有人店舗は現状の28店舗を維持するとのこと。

貸金業法施行や過払金返還請求に加え「武富士」の経営破綻など業界の先行きが不安視される中、更なるコスト削減が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

経営体質強化策実行のお知らせ:アイフル

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事