不景気.com > 不景気ニュース > 横浜ベイブリッジの展望歩道「スカイウォーク」が営業終了

横浜ベイブリッジの展望歩道「スカイウォーク」が営業終了

横浜ベイブリッジの展望歩道「スカイウォーク」が営業終了

横浜ベイブリッジの歩行者専用道路「スカイウォーク」は、9月26日をもって営業終了となり、21年の歴史に幕を下ろします。

スカイウォークは、自動車専用道路に併設される日本初の歩行者専用道路として1989年に開通。展望施設の「スカイラウンジ」、散策道の「スカイプロムナード」、エントランスとなる「スカイタワー」の3施設からなり、開通当初は観光スポットとして大きな賑わいを見せていました。

しかし、ブームが一巡すると入場者数は減少の一途を辿り、連続赤字を計上するなど厳しい運営を強いられたため、これ以上の営業継続は困難と判断し今回の決定となったようです。

なお、最終日は18:00までの営業となり、ささやかなセレモニーが開催される予定とのこと。

横浜ベイブリッジスカイウォーク ~最終営業日~

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事