不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース9/26、国内外の倒産や事業閉鎖が相次ぐ

週刊不景気ニュース9/26、国内外の倒産や事業閉鎖が相次ぐ

週刊不景気ニュース9/26、国内外の倒産や事業閉鎖が相次ぐ

9月20日から26日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。国内外の大型倒産や事業閉鎖などが相次いだ1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、名古屋のアパレル製品・生地卸「平野芳」と、千葉の経営コンサルティング「秀和サービス」。

また、民事再生法の適用を申請したのは、青森のビジネスホテル経営「みどりや」、浜松のプラスチック製品加工「東海プラスチック」、新潟の作業工具製造「相伍工業」。

そのほか、長野のゴルフ場経営「大岡リゾート開発」が特別清算の開始決定を受け、海外ではアメリカのビデオレンタルチェーン最大手「ブロックバスター」が破産法の申請を行っています。

一方、「三洋電機」が半導体製造の群馬工場と岐阜工場を閉鎖し、「双葉電子工業」が金型製造子会社「シンエイ」を解散、アメリカの医薬品メーカー「アボット・ラボラトリーズ」が3000名の人員削減を明らかにしています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事