不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース9/5、月末を迎え倒産企業が増加

週刊不景気ニュース9/5、月末を迎え倒産企業が増加

週刊不景気ニュース9/5、月末を迎え倒産企業が増加

8月30日から9月5日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。月末を迎え倒産企業が増加したほか、大規模リストラが話題の1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、愛知の金属プレス加工「須藤製作所」、山口の家電通販サイト運営「シモカネ」、鹿児島の養殖業「四男水産」、福岡のガラス工事「馬場善」、千葉の産業廃棄物処理「共同エンタープライズ」、横浜の正月飾り製造販売「飾一」、富山の建築業「鈴木建設工業」、技術雑誌・図書専門出版の「工業調査会」、横浜のオーダーカーテン・インテリア用品販売「リビング・ポーズ」、広告代理店の「コーブ・イトウ」、アニメ制作の「グループ・タッグ」。

また、ダイビングスクール運営・機材販売の「エヌズ」が民事再生法の適用を申請し、ジャスダック上場の「新日本建物」は事業再生ADR手続の利用を表明。

一方、人員削減を含むリストラ策を発表したのは、経営再建中の「日本航空」で1万6000名、化学メーカー「ラサ工業」で300名、英銀行「RBS」で3500名。そのほか、福岡のスーパー「丸和」が2店舗の追加閉鎖、「新日軽」が高岡工場の閉鎖をそれぞれ明らかにしています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事