不景気.com > 赤字決算 > プロネクサスの第2四半期は純損益9.5億円の赤字転落見通し

プロネクサスの第2四半期は純損益9.5億円の赤字転落見通し

プロネクサスの第2四半期は純損益9.5億円の赤字転落見通し

企業向けディスクロージャー・IR実務支援サービスを手掛ける東証1部上場の「プロネクサス」は、2011年3月期第2四半期の業績予想を下方修正し、純損益が9億5000万円の赤字となる見通しを明らかにしました。

2011年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:プロネクサス

売上高 営業損益 純損益
前回予想 118億円 21億円 13億円
今回予想 118億円 21億円 △9億5000万円
前年同期 117億6700万円 23億9100万円 14億1300万円

これは、厚生年金基金脱退に伴う費用として22億5100万円、工場設備等の見直しに伴う固定資産減損および工場再編費用として11億5300万円の特別損失を計上するための措置。

一方、厚生年金基金脱退に係る費用が想定より少なかったことなどから、通期純損益は10億5000万円の黒字を維持できる見通しとなっています。

連結業績予想の修正に関するお知らせ:プロネクサス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事