不景気.com > 国内倒産 > コリンザ運営の三セク「沖縄市アメニティプラン」に特別清算決定

コリンザ運営の三セク「沖縄市アメニティプラン」に特別清算決定

コリンザ運営の三セク「沖縄市アメニティプラン」に特別清算決定

沖縄県沖縄市に本拠を置く商業施設運営の「沖縄市アメニティプラン」は、9月3日付で那覇地方裁判所から特別清算の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1992年に設立の同社は、沖縄市が39.5%を出資する第三セクター。1997年に複合商業施設「コリンザ」をオープンすると、以後は店舗の賃貸収入を収益の柱としていました。

しかし、2008年にキーテナントだった家電量販店「ベスト電器」が撤退すると、集客力の減少から他店舗の撤退も相次ぐなど業績が悪化。2010年3月期には27億円の債務超過に転落し、このままでの事業継続は困難と判断、今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は約40億円。なお、コリンザの営業は続けられている模様。

沖縄タイムス | コリンザ運営の沖縄市アメニティプラン特別清算開始決定

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事