不景気.com > 国内倒産 > 日本振興銀行が民事再生法を申請、負債6194億円

日本振興銀行が民事再生法を申請、負債6194億円

日本振興銀行が民事再生法を申請、負債6194億円

東京都千代田区に本拠を置く「日本振興銀行」は、9月10日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

2004年に設立の同社は、中小企業向け融資と定期預金を主力とし、貸し渋りによる資金繰りに困窮していた中小企業へ積極的に融資を展開。また、全国各地に拠点を設けるなど事業を拡大していました。

しかし、破綻した商工ローン大手「SFCG」に絡む債権の二重譲渡問題で信用が失墜したほか、捜査妨害などの容疑で元代表者らが逮捕される事態に発展。このままでの事業継続は困難と判断し、今回の措置に至ったようです。

2010年3月期末時点での負債総額は約6194億7100万円

なお、預金1000万円および利息のみ保護の対象となるペイオフが発動される初めてのケースで、保護額を超える部分については支払いがカットされる可能性があります。

日本振興銀行

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事