不景気.com > 国内リストラ > ネットインデックスがPHSデータ通信端末事業から撤退

ネットインデックスがPHSデータ通信端末事業から撤退

ネットインデックスがPHSデータ通信端末事業から撤退

ジャスダック上場の通信機器メーカー「ネットインデックス」は、コンシューマ向けPHSデータ通信端末事業から撤退することを明らかにしました。

パソコンによるモバイルインターネット通信の需要拡大から、同社では、これまでにカードスロットタイプのPHSデータ通信端末などの開発・製造・販売を手掛けていました。

しかし、他社によるデータ通信サービスの普及で競争が激化しているほか、PHS事業者の「ウィルコム」が事業再生ADR手続を申請しするなどPHS通信の先行きが不透明なこともあり、今回の撤退を決定したようです。

なお、特定用途向けPHS通信機器や、コンシューマ向けPHSデータ通信端末の保守サポートは継続していくとのこと。

事業の一部撤退に関するお知らせ:ネットインデックス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事