不景気.com > 企業不況 > インターニックスが半導体検査子会社の「テスミック」を解散

インターニックスが半導体検査子会社の「テスミック」を解散

インターニックスが半導体検査子会社の「テスミック」を解散

東証1部上場の「インターニックス」は、100%出資子会社の「テスミック」(埼玉県本庄市)を解散および清算すると発表しました。

1982年に設立の同子会社は、IC・半導体などの検査受託業務を手掛けていたものの、景気低迷に伴う半導体市況の落ち込みから債務超過に転落するなど業績が悪化。2009年5月には同事業からの撤退を決定し、グループ方針から今回の解散に至ったようです。

今後は、9月30日に当該子会社で解散を決議し、2011年3月をめどに清算を結了する予定。なお、すでに半導体検査事業からは撤退しているため、業績に与える影響は軽微とのこと。

子会社テスミックの解散に関するお知らせ:インターニックス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事