不景気.com > 国内リストラ > アサヒビールがビール製造の「西宮工場」を閉鎖、特損205億円

アサヒビールがビール製造の「西宮工場」を閉鎖、特損205億円

アサヒビールがビール製造の「西宮工場」を閉鎖、特損205億円

アサヒビールは、2011年8月をもって兵庫県西宮市にある「西宮工場」での製造を終了し、大阪府吹田市の「吹田工場」へ製造を移管すると発表しました。

1927年に操業を開始した西宮工場は、主にビール類の製造を手掛け、関西・中国地方を出荷エリアに年間約2730万箱の生産量を誇っていました。

しかし、個人消費の低迷など国内ビール市場の先行きが不透明なことから、工場再編による構造改革が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、同工場に勤務する社員約130名は、他工場などへの配置転換により雇用は維持される見通し。

この措置に伴い、工場再編費用などで205億円の特別損失を計上する予定とのこと。

工場再編による「ビール類新生産体制」について:アサヒビール

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事