不景気.com > 景気対策 > 全日空が関空拠点の格安航空会社設立へ、香港ファンド共同で

全日空が関空拠点の格安航空会社設立へ、香港ファンド共同で

全日空が関空拠点の格安航空会社設立へ、香港ファンド共同で

全日本空輸」(ANA)は、香港の投資ファンド「ファーストイースタン投資グループ」と共同で、関西国際空港を拠点とする格安航空会社を設立すると発表しました。

景気低迷により航空需要は落ち込んでいるものの、中国をはじめとする東アジアと日本各地の旅客数は拡大が見込まれることから、国内線および近距離アジア路線に特化し需要の拡大を目指す方針。

今後も他投資家から広く出資を募り、最終的な出資比率はANA40%未満、ファースト社33.3%未満とする見通し。また、ANAとは別ブランド・別コードでの運航とし、経営の独立性を維持するとのこと。

なお、新会社の設立は2010年末、運航開始は2011年度下期となる予定。

ローコストキャリアに関する共同事業の開始について

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事