不景気.com > 国内倒産 > 工具メーカーの「相伍工業」(AIGO)が民事再生法を申請

工具メーカーの「相伍工業」(AIGO)が民事再生法を申請

工具メーカーの「相伍工業」(AIGO)が民事再生法を申請

新潟県三条市に本拠を置く作業工具製造の「相伍工業」は、9月17日付で新潟地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1928年に鍛造農具製造の「相田鉄工所」として創業の同社は、1958年から作業工具の製造に進出すると、以後は「AIGO」ブランドの名でスパナ・レンチ・プライヤーなどの製造を展開していました。

しかし、景気低迷により受注が大幅に減少すると、円高の影響で輸出も低調に推移。設備投資などの借入金が資金繰りを逼迫したことから、単独での経営再建を断念し今回の措置に至ったようです。

新潟日報が伝えたところによると、負債総額は約10億円の見通し。

新潟日報社 netpark 相伍工業が民事再生法申請

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事