不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース8/29、上場企業の倒産などが話題に

週刊不景気ニュース8/29、上場企業の倒産などが話題に

週刊不景気ニュース8/29、上場企業の倒産などが話題に

8月23日から29日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。上場企業の倒産をはじめ、子会社の解散や業績の下方修正を発表した企業が多い1週間となりました。

民事再生法の適用を申請した主な企業は、ジャスダック上場の「アーム電子」、岡山のホテル経営「岡山国際ホテル」、滋賀の医薬品製造販売「日野薬品工業」、三重の精肉卸「大里ミートセンター」。また、茨城県の「住宅供給公社」、旅行会社の「R-A-J」はそれぞれ破産申請する見通し。

一方、ダイエーが靴販売子会社「コルドバ」を、アマナが広告・販売促進用のビジュアル制作子会社「アズレイ」をそれぞれ解散。

また、飲食店経営の「サガミチェーン」、「大阪チタニウムテクノロジーズ」、封筒最大手の「イムラ封筒」が業績の下方修正による赤字見通しを発表したほか、マザーズ上場「シニアコミュニケーション」の上場廃止が明らかになっています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事