不景気.com > 赤字決算 > 東洋シヤッターの第1四半期は8.6億円の赤字拡大、課徴金で

東洋シヤッターの第1四半期は8.6億円の赤字拡大、課徴金で

東洋シヤッターの第1四半期は8.6億円の赤字拡大、課徴金で

東証1部上場のシャッター大手「東洋シヤッター」は、2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、純損益が8億6000万円の赤字幅拡大となったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:東洋シヤッター

売上高 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 32億2700万円 △2億600万円 △8億6000万円
10/3月期(1Q) 40億5000万円 △2億5600万円 △1億8700万円
通期予想 160億円 3億4000万円 △5億円

建設需要の減少や受注競争の激化で収益は低迷し、売上では前年同期に比べ約2割の落ち込みを記録。

また、一時帰休の継続などで固定費の削減を行っているものの、公正取引委員会からの課徴金相当額を特別損失として計上したため、前年同期に続いての純損失となったようです。

平成23年3月期 第1四半期決算短信

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事