不景気.com > 企業不況 > 東洋製罐が子会社「島田特殊硝子」を解散、建設需要減少で

東洋製罐が子会社「島田特殊硝子」を解散、建設需要減少で

東洋製罐が子会社「島田特殊硝子」を解散、建設需要減少で

東証1部上場の「東洋製罐」は、8月2日付で子会社「東洋ガラス」を通じて間接出資する連結子会社の「島田特殊硝子」を解散および清算すると発表しました。

1954年に設立の島田特殊硝子は、照明器具の販売およびガラスブロック工事の施工を主力に事業を展開。しかし、景気低迷による住宅着工件数の減少や公共工事の縮減で業績は悪化し、やむなく事業継続を断念する決定に至ったようです。

今後は、12月にも当該子会社で解散を決議し、2011年6月をめどに清算を結了する予定。

子会社の解散に関するお知らせ - 東洋製罐

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事