不景気.com > 赤字決算 > TBSホールディングスの第1四半期は純損益25億円の赤字転落

TBSホールディングスの第1四半期は純損益25億円の赤字転落

TBSホールディングスの第1四半期は純損益25億円の赤字転落

東京放送ホールディングス」(TBSホールディングス)は、2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、四半期純損益が25億6200万円の赤字転落となったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:TBSホールディングス

売上高 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 832億1200万円 11億7100万円 △25億6200万円
10/3月期(1Q) 871億9000万円 25億6200万円 18億3000万円
通期予想 3425億円 89億円 6億

主力のテレビ事業では、景気低迷による広告費の縮減で売上が悪化。そのほか、投資有価証券評価損として68億6500万円を計上したため、純損益は大幅な赤字転落となりました。

また、広告費の落ち込みは第2四半期以降も続くと見られることから、通期業績予想を下方修正し、純損益は前回予想から32億円減少の6億円となる見通しを明らかにしています。

平成23年3月期 第1四半期決算短信 〔日本基準〕(連結)

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事