不景気.com > 国内倒産 > パチンコ店経営の「スカイパーラー」が破産開始決定受け倒産

パチンコ店経営の「スカイパーラー」が破産開始決定受け倒産

パチンコ店経営の「スカイパーラー」が破産開始決定受け倒産

神奈川県大和市に本拠を置くパチンコ店経営の「スカイパーラー」は、8月4日付で東京地方裁判所より破産手続きの開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

神奈川新聞(電子版)などが伝えたところによると、1989年に設立の同社は、同市内にてパチンコ店「ニュー大丸」を経営していたとのこと。

しかし、同業他社との競争激化や景気低迷の影響で売上が減少したことに加え、設備投資などによる借入金が資金繰りを逼迫。そのため、2008年4月には営業を停止するとともに解散を決議し、遂に今回の措置となったようです。

同紙によると、負債総額は約12億円の見通し。

パチンコ店のスカイパーラーが破産開始決定、負債は12億円 : 神奈川新聞社

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事