不景気.com > 企業不況 > シニアコミュニケーションが上場廃止、粉飾決算による虚偽記載

シニアコミュニケーションが上場廃止、粉飾決算による虚偽記載

シニアコミュニケーションが上場廃止、粉飾決算による虚偽記載

東京証券取引所は、マザーズに上場するシニアマーケット・コンサルティングの「シニアコミュニケーション」を9月25日付で上場廃止にすると発表しました。

過去に行った粉飾決算による有価証券報告書等への虚偽記載が重大な事由に該当すると判断したための措置で、8月24日から9月24日まで整理銘柄に指定された後、上場廃止となります。

同社は2004年3月期から2010年3月期第3四半期まで架空の売上を計上するなどして、実際には赤字のところを黒字であるかのように虚偽の報告書を作成したほか、2005年の新規上場においても虚偽の内容により審査を通過するなど、悪質性が非常に高いと判断されたようです。

東証 : 上場廃止等の決定について-(株)シニアコミュニケーション-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事