不景気.com > 買収合併 > パルコが政策投資銀行から150億円調達、提携で第2位株主へ

パルコが政策投資銀行から150億円調達、提携で第2位株主へ

パルコが政策投資銀行から150億円調達、提携で第2位株主へ

東証1部上場のファッションビル経営「パルコ」は、日本政策投資銀行との間で業務・資本提携を結んだと発表しました。

資本提携では、パルコが政投銀を引受先とする150億円の転換社債型新株予約権付社債を発行。予約権すべてが行使された場合、政投銀の持ち株比率は18.73%となり、筆頭株主「森トラスト」の27.03%に次ぐ第2位株主となる見通し。

調達した資金を元に、国内におけるショッピングセンター事業の店舗拡大などを目指すほか、今後の成長が期待できる中国などアジア地域での事業展開を加速させ収益拡大を図る方針。

日本政策投資銀行と業務・資本提携に関するお知らせ:パルコ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事