不景気.com > 赤字決算 > 南海電鉄の第1四半期は21億円の赤字転落、会計方針変更で

南海電鉄の第1四半期は21億円の赤字転落、会計方針変更で

南海電鉄の第1四半期は21億円の赤字転落、会計方針変更で

南海電気鉄道は2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、四半期純損益が21億円の赤字転落となったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:南海電気鉄道

売上高 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 447億1600万円 61億8900万円 △21億4700万円
10/3月期(1Q) 433億2300万円 53億7000万円 29億2900万円
通期予想 1951億円 170億円 2億円

建設・不動産部門の好調により、売上・営業利益とも順調な伸びを記録。しかし、工事負担金等の会計処理方法を変更したことに伴い、繰延税金資産の取り崩しが発生し、四半期純損益では赤字転落となっています。

同様の理由から通期業績予想も下方修正し、純損益は当初見込みから54億円少ない2億円となる見通しを明らかにしています。

平成23年3月期 第1四半期決算短信(連結)

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事