不景気.com > 国内倒産 > 金沢の飼料販売「長田商会」が破産申請し倒産へ、負債21億

金沢の飼料販売「長田商会」が破産申請し倒産へ、負債21億

金沢の飼料販売「長田商会」が破産申請し倒産へ、負債21億

石川県金沢市に本拠を置く飼料販売の「長田商会」は、8月2日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1902年に創業の同社は、主に能登地方の養鶏業者や養豚業者向けに飼料の販売を手掛け、同県内最大手の業者として事業を展開していました。

しかし、飼料原料の価格高騰により収益が悪化したことに加え、取引先の廃業などで売上も減少。事業規模の縮小を余儀なくされる中、遂に資金繰りが行き詰まり今回の措置となったようです。

NHKなどによると、負債総額は約21億円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事