不景気.com > 企業不況 > 皮革メーカーの「メルクス」が上場廃止の猶予期間入り銘柄へ

皮革メーカーの「メルクス」が上場廃止の猶予期間入り銘柄へ

皮革メーカーの「メルクス」が上場廃止の猶予期間入り銘柄へ

東京証券取引所は、東証2部上場の皮革メーカー「メルクス」を、上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定したと発表しました。

これは、同社の時価総額が上場廃止基準となる6億円に満たないための措置で、2011年4月末日までに当該時価総額を超えない場合は上場廃止となります。

同社では、景気の底入れや希望退職者募集による固定費削減、原材料の輸入における円高基調などから業績回復は可能と判断。今後は、企業価値を向上し猶予期間入りの解除を目指していく方針。

当社株式の時価総額に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事