不景気.com > 赤字決算 > コーエーテクモの第1四半期は純損益3億円の赤字幅拡大

コーエーテクモの第1四半期は純損益3億円の赤字幅拡大

コーエーテクモの第1四半期は純損益3億円の赤字幅拡大

東証1部上場のゲームソフト開発「コーエーテクモホールディングス」は、2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、四半期純損益が3億3100万円の赤字幅拡大となったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:コーエーテクモホールディングス

売上高 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 53億3200万円 △8億3300万円 △3億3100万円
10/3月期(1Q) 69億7000万円 △5億1900万円 △1億200万円
通期予想 365億円 50億円 35億円

これは、ゲームソフト事業において新作タイトルの発売がなかったことに加え、主力タイトルの発売を第2四半期以降に予定しているため先行投資が発生したことが主な要因。

しかし、ゲーム業界における景気の底入れ感や、上記の通り、主力タイトルの発売を控えていることなどから業績は回復していくと判断し、通期業績予想は据え置きとなっています。

平成23年3月期 第1四半期決算短信

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事