不景気.com > 国内倒産 > 愛知の不動産分譲「香流産業」が破産決定受け倒産、負債43億

愛知の不動産分譲「香流産業」が破産決定受け倒産、負債43億

愛知の不動産分譲「香流産業」が破産決定受け倒産、負債43億

愛知県名古屋市に本拠を置く不動産分譲の「香流産業」は、8月4日付で岐阜地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

信用調査会社の東京商工リサーチによると、同社と代表を同じくする岐阜県の建設会社の子会社として2007年に設立され、宅地分譲を主力に事業を展開していたとのこと。

しかし、景気低迷による建設需要の落ち込みで親会社が倒産に追い込まれると、同社も連鎖する形で今回の措置に至ったようです。

負債総額は約43億5000万円

なお、同社の取引行である「中京銀行」は、貸出債権の約5億円が取立不能もしくは遅延となるおそれを明らかにしています。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事