不景気.com > 景気対策 > 住宅エコポイントが発行額100億円分を突破、7月に急増

住宅エコポイントが発行額100億円分を突破、7月に急増

住宅エコポイントが発行額100億円分を突破、7月に急増

経済産業省が発表した「住宅エコポイントの実施状況」によると、7月末時点における累計のポイント発行額は108億ポイント(108億円相当)まで増加したことが明らかになりました。

住宅エコポイントの発行状況:経済産業省

新築 リフォーム 合計
7月 34億9290万P 15億2152万P 50億1442万P
累計 69億1530万P 39億478万P 108億2008万P

すでに申請されていた分のポイント発行が進んだことや、冷房の省エネ効果がある内窓設置などが増加したことで、7月は申請件数・ポイント発行額ともに大幅な伸びを記録。

9月末でエコカー補助金制度が終了する見込みの中、新たな景気刺激策として今後も利用が進んでいくと考えられます。

住宅エコポイントの実施状況について(平成22年7月末時点):経済産業省

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事