不景気.com > 国内倒産 > 大阪の建材卸・印刷「アイ・エヌ・ティ」が自己破産申請し倒産へ

大阪の建材卸・印刷「アイ・エヌ・ティ」が自己破産申請し倒産へ

大阪の建材卸・印刷「アイ・エヌ・ティ」が自己破産申請し倒産へ

信用調査会社の「東京経済」によると、大阪府大阪市に本拠を置く建材卸・印刷の「アイ・エヌ・ティ」は、8月16日付で事業を停止し、9月中にも自己破産申請を行い倒産する見通しが明らかになりました。

同社ホームページによると、1953年に「瀧田倉庫」として設立し、以後は樹脂原料および成型品やアルミ製品などの卸販売を手掛けるほか、印刷および関連業務にも事業を拡大していました。

しかし、景気低迷の影響で販売が落ち込むと、広告費の削減などから印刷部門の受注も減少し業績が悪化。これ以上の事業継続は困難と判断し、遂に今回の措置となったようです。

負債総額は約22億円の見通し。

アイ・エヌ・ティ(株)~事業停止、破産手続開始申立準備 :niftyビジネス

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事