不景気.com > 買収合併 > 「どさん子ラーメン」のホッコク、中国の投資会社が筆頭株主に

「どさん子ラーメン」のホッコク、中国の投資会社が筆頭株主に

「どさん子ラーメン」のホッコク、中国の投資会社が筆頭株主に

「どさん子ラーメン」などを展開するジャスダック上場の飲食チェーン経営「ホッコク」は、中国の投資会社2社に対し第三者割当増資を実施し、そのうちの1社が筆頭株主になることを明らかにしました。

割当先となるのは、中国人実業家がそれぞれ100%出資する投資会社の「エーブル・サクセス・リミテッド」と「ベスト・ゴール・リミテッド」の2社で、発行予定額は約4億円。増資完了後は、エーブル社が13.56%の株式を保有する筆頭株主となり、ベスト社も株式3.39%を保有する見通し。

第三者割当増資に至った経緯として同社は、「公募増資は証券会社のマージンが調達額に比して高いこと、金融機関からの追加融資にはスケジュール的に早期の資金調達が困難だった」と説明。

今後は、資本業務提携を契機としてラーメン店など飲食事業の中国進出を本格化させる方針。

第三者割当により発行される株式並びに筆頭株主の異動に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事