不景気.com > 国内倒産 > 不動産管理の「北海道管財」が破産開始決定受け倒産

不動産管理の「北海道管財」が破産開始決定受け倒産

不動産管理の「北海道管財」が破産開始決定受け倒産

北海道江別市に本拠を置く不動産管理の「北海道管財」は、8月10日付けで札幌地方裁判所より破産手続きの開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1993年に設立の同社は、札幌市の建設業者「早川工務店」の不動産管理・賃貸部門として、同工務店建設マンションの管理業務などを主力に事業を展開していました。

しかし、2007年に早川工務店が倒産すると、業務縮小を余儀なくされるなど業績は悪化。2010年3月には民事再生法の適用を申請し再建を目指したものの、再生案を巡り債権者と合意できず、再生手続の廃止決定を受けたことで遂に今回の措置となったようです。

「BNNプラス北海道365」などによると、負債総額は約10億円の見通し。

負債10億円 不動産管理・賃貸「北海道管財」が破産 - BNNプラス北海道365

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事