不景気.com > 雇用問題 > 10年卒大学生の就職率は60.8%、就職氷河期に迫る勢い

10年卒大学生の就職率は60.8%、就職氷河期に迫る勢い

10年卒大学生の就職率は60.8%、就職氷河期に迫る勢い

文部科学省が発表した「学校基本調査」によると、2010年春卒業となった大学生の就職率は前年比7.6ポイント減の60.8%だったことが明らかになりました。

大学卒業者のその後:文部科学省調べ

大学院等 就職 パート・アルバイト 就職・進学していない
比率 13.4% 60.8% 3.6% 16.1%

景気低迷による雇用環境の悪化を受け、就職率は前年から大幅な減少を記録。調査開始以来、過去最低だった2003年の55.1%に迫る勢いを見せています。

一方、今年の就職活動戦線も、昨年に増して厳しい状況となっていることから、今後の動向に注目が集まります。

学校基本調査-平成22年度(速報)結果の概要-:文部科学省

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事