不景気.com > 赤字決算 > エディオンの第1四半期は31億円の赤字拡大、競争激化で

エディオンの第1四半期は31億円の赤字拡大、競争激化で

エディオンの第1四半期は31億円の赤字拡大、競争激化で

「デオデオ」「エイデン」「ミドリ」「イシマル」などを展開する家電量販グループ大手の「エディオン」は、2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、四半期純損益が31億5300万円の赤字幅拡大となったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:エディオン

売上高 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 1852億500万円 △13億7900万円 △31億5300万円
10/3月期(1Q) 1780億円 △34億2700万円 △24億7000万円
通期予想 8300億円 150億円 100億円

家電エコポイント制度や地デジ対応テレビへの買い換え需要などで、売上は前年同期と比べ増収を記録したものの、消費者の低価格志向や同業他社との競争激化で収益は依然として低迷。

また、「資産除去債務に係る会計基準」の適用により22億5200万円を特別損失として計上したことから、純損益では赤字幅が拡大する結果となりました。

株式会社エディオン平成23年3月期 第1四半期決算短信

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事