不景気.com > 企業不況 > デザインエクスチェンジが監理銘柄(確認中)指定、報告書遅延で

デザインエクスチェンジが監理銘柄(確認中)指定、報告書遅延で

デザインエクスチェンジが監理銘柄(確認中)指定、報告書遅延で

東京証券取引所は、8月10日付で東証マザーズ上場の「デザインエクスチェンジ」を監理銘柄(確認中)に指定すると発表しました。

これは、過年度決算における訂正作業などの影響で、8月16日が期限となる四半期報告書の提出が困難となったための措置。なお、9月16日までに報告書を提出しない場合は上場廃止となります。

この措置に対し同社は、「9月16日までに関東財務局へ四半期報告書および訂正決算報告書の提出を行うよう作業を進めている」と明らかにしています。

同社は、株式時価総額が3億円未満になったため、7月1日付で上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定されています。

東証 : 監理銘柄(確認中)の指定について-デザインエクスチェンジ(株)-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事