不景気.com > 赤字決算 > ダイワボウHDの第1四半期は純損益11億円の赤字幅拡大

ダイワボウHDの第1四半期は純損益11億円の赤字幅拡大

ダイワボウHDの第1四半期は純損益11億円の赤字幅拡大

東証・大証1部上場の「ダイワボウホールディングス」は、2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、四半期純損益が11億円の赤字幅拡大となったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:ダイワボウホールディングス

売上高 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 988億3300万円 5億3700万円 △11億300万円
10/3月期(1Q) 929億3100万円 △2億6100万円 △6億6600万円
通期予想 4500億円 50億円 15億円

ITインフラ流通事業が堅調に推移したことなどにより、売上高・営業利益は増収増益を記録。しかし、保有有価証券の評価見直しにより、有価証券評価損として連結で16億1900万円を計上したことから、純損益では赤字幅が拡大する結果となりました。

なお、業績は順調に回復していると判断し、通期業績予想は据え置きとなっています。

平成23年3月期 第1四半期決算短信

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事