不景気.com > 国内リストラ > アサツー ディ・ケイが特別転身支援措置により100名を削減へ

アサツー ディ・ケイが特別転身支援措置により100名を削減へ

アサツー ディ・ケイが特別転身支援措置により100名を削減へ

広告代理店大手の「アサツー ディ・ケイ」(ADK)は、特別転身支援措置による100名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは満40歳以上58歳以下の社員で、募集人員は全従業員2059名の約5%に相当。退職日は11月末日とし、退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針。

景気低迷による市場環境の悪化に加え、競争激化による収益力の低下が顕著となっていることから、構造改革の一環として今回の削減に踏み切ったようです。

なお、想定通りの応募があった場合、特別加算金等の支出として約22億円の特別損失を見込む一方、来期以降は年間で約11億円の人件費削減効果が期待できるとのこと。

ADK:特別転進支援措置の実施について

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事