不景気.com > 国内倒産 > 和牛輸出・物流の「アディレクト」が自己破産申請し倒産へ

和牛輸出・物流の「アディレクト」が自己破産申請し倒産へ

和牛輸出・物流の「アディレクト」が自己破産申請し倒産へ

NHKなどが伝えたところによると、京都府京都市を地盤とする和牛輸出の「アディレクト」は、9月にも自己破産を申請し倒産する見通しが明らかになりました。

2000年に「エヌピーシーシステムドットコム」として設立、2004年に現商号へ改称した同社は、ITソリューションおよび物流サービスを主力に事業を展開。

また、2006年からは和牛輸出事業を本格的に開始し、以後はアメリカ・ドバイ・シンガポールなどに拠点を開設するなど中心事業として業容を拡大していました。

しかし、世界的な景気低迷や円高の影響で売上が落ち込むと、宮崎県で発生した「口蹄疫」問題により輸出ができなくなったことで経営が行き詰まり、やむなく今回の措置となったようです。

負債総額は約12億円の見通し。

和牛輸出会社 破産申し立てへ NHKニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事