不景気.com > 景気対策 > 吉野家が28日から牛丼270円のキャンペーン、ライバル追随へ

吉野家が28日から牛丼270円のキャンペーン、ライバル追随へ

吉野家が28日から牛丼270円のキャンペーン、ライバル追随へ

牛丼チェーン大手の「吉野家」は、7月28日から8月3日までの1週間、牛丼(並盛)を270円などとする「夏の牛丼祭」キャンペーンを実施すると発表しました。

対象となるのは、そば処吉野家・競馬場および競艇場内店舗・沖縄県下の店舗を除く国内全店舗で、牛丼・牛皿・牛鮭定食が通常価格から110円の割り引きとなります。

ライバルとなる牛丼チェーンの「松屋」「すき家」が定期的に牛丼(並盛)を250円とする割引キャンペーンを実施する中、同キャンペーン中における売上の減少が顕著となっていることから、他社への追随もやむなしと判断しキャンペーンの実施に踏み切ったようです。

吉野家は、他社に比べコストが高くつく米国産牛肉を中心に使用しているため、これまでは割引などのキャンペーン実施に消極的な姿勢を示していました。

キャンペーン:予告 夏の牛丼祭|吉野家

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事