不景気.com > 不景気ニュース > 秋葉原の「ヤマギワ・リビナ本館」が8月で閉店、小売から撤退

秋葉原の「ヤマギワ・リビナ本館」が8月で閉店、小売から撤退

秋葉原の「ヤマギワ・リビナ本館」が8月で閉店、小売から撤退

東京都千代田区に本拠を置く「ヤマギワ」は、秋葉原で展開する高級照明・インテリア店の「ヤマギワ・リビナ本館」を8月29日で閉店すると発表しました。

景気低迷による高級品の販売不振で売上が落ち込んでいることに加え、輸入品や高価格帯を中心とする取扱商品が現在の秋葉原のニーズからずれていることなどが理由。

なお、同社では7月11日付で「ヤマギワ名古屋店」を閉店しており、リビナ本館の閉店をもって小売事業から完全撤退することになります。

今後は、ネットショップや法人営業に特化し収益改善を目指すほか、秋頃にも別地にてショールームを開設するなど新たな営業スタイルを構築していくようです。

ヤマギワリビナ本館閉店

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事