不景気.com > 海外リストラ > 米金融大手「ウェルズ・ファーゴ」が3800名の人員削減へ

米金融大手「ウェルズ・ファーゴ」が3800名の人員削減へ

米金融大手「ウェルズ・ファーゴ」が3800名の人員削減へ

アメリカの金融大手「ウェルズ・ファーゴ」は、同国内にて消費者金融を扱う638店舗の閉鎖と、それに伴う3800名の人員削減を明らかにしました。

これは消費者金融部門のリストラ策として実施されるもので、同部門を縮小しビジネス部門に統合するほか、信用力が低い個人向け住宅ローン事業から撤退する方針も明らかにしています。

また、人員削減に関しては、3800名のうち2800名が今後60日以内に、残りの1000名は今後1年以内に削減される予定とのこと。

Wells Fargo; 638 Independent Consumer Finance Offices to be Closed

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事