不景気.com > 国内倒産 > 愛媛の養殖業「若宮水産」が自己破産申請し倒産へ、負債12億

愛媛の養殖業「若宮水産」が自己破産申請し倒産へ、負債12億

愛媛の養殖業「若宮水産」が自己破産申請し倒産へ、負債12億

愛媛県宇和島市に本拠を置く魚類養殖の「若宮水産」は、6月30日付で事業を停止、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1961年に真珠養殖業として創業の同社は、1976年の法人化に伴い魚類養殖に本格進出。以後は、宇和島や長崎県にて鯛・カンパチ・スズキを中心とした養殖を展開し、2007年6月期には約18億円の売上を計上していました。

しかし、景気低迷による需要の落ち込みで売上が減少すると、事業拡大時の借入金が資金繰りを逼迫し、支えきれず今回の事態に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約12億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事