不景気.com > 国内リストラ > トヨタが国内生産を2割減へ、エコカー補助金終了を見越して

トヨタが国内生産を2割減へ、エコカー補助金終了を見越して

トヨタが国内生産を2割減へ、エコカー補助金終了を見越して

トヨタは、10月の国内自動車生産台数を前四半期より2割程度引き下げ、1日当たり約1万1000台~2000台とする計画が明らかになりました。

9月末で政府の「エコカー補助金制度」が終了するのを受けた措置で、今後は国内自動車各社に広がりを見せる可能性もありそうです。

直近における自動車販売は回復基調を見せているものの、補助金終了時の反動は避けられない見通しで、一時的な減産による生産調整が必要と判断し今回の方針を固めたようです。

これとは別に、トヨタでは国内生産の縮小と新興国をはじめとする現地生産強化の方針をすでに発表しており、国内生産の空洞化を指摘する見方もあります。

トヨタ 国内生産20%減へ NHKニュース

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事