不景気.com > 国内倒産 > 重機リースの「渋谷重機」が自己破産申請し倒産へ、負債13億

重機リースの「渋谷重機」が自己破産申請し倒産へ、負債13億

重機リースの「渋谷重機」が自己破産申請し倒産へ、負債13億

東京都渋谷区に本拠を置く重機リースの「渋谷重機」は、6月23日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1969年に創業の同社は、クレーン車など建設用重機リースを主力とするほか基礎・鉄骨工事などにも事業を拡大。2002年2月期には年間約6億円の売上を計上していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減で売上が大幅に減少すると、値下げ要請による収益低下も重なり経営が悪化。今後も業績回復への見込みが立たないため、今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約13億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事