不景気.com > 企業不況 > 「シニア」「アドバックス」「デザインEX」「バルクHD」が猶予期間へ

「シニア」「アドバックス」「デザインEX」「バルクHD」が猶予期間へ

「シニア」「アドバックス」「デザインEX」「バルクHD」が猶予期間へ

東京証券取引所は、東証マザーズ上場の「シニアコミュニケーション」「アドバックス」「デザインエクスチェンジ」を上場廃止に係る猶予期間入りに指定すると発表しました。

3社とも、6月における時価総額が上場廃止基準の3億円未満となったための措置で、猶予期間となる2011年3月31日までに時価総額が所要額以上とならない場合は上場廃止になります。

また、名古屋証券取引所は、名証セントレックス上場の「バルクホールディングス」を、同じく時価総額1億8000万円未満となる上場廃止基準に接触したとして猶予期間入り銘柄に指定しています。

このうち、「シニアコミュニケーション」は、粉飾決算の疑いで監理銘柄に指定されているほか、6月末時点の時価総額は約1億7000万円まで減少するなど上場維持は厳しい状況と言えそうです。

東証 : 上場廃止に係る猶予期間入りについて | 名古屋証券取引所

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事