不景気.com > 買収合併 > 三洋が半導体子会社を330億円で売却、パナとの統合戦略で

三洋が半導体子会社を330億円で売却、パナとの統合戦略で

三洋が半導体子会社を330億円で売却、パナとの統合戦略で

三洋電機は、半導体事業を手掛ける子会社「三洋半導体」を、アメリカの半導体メーカー「オン・セミコンダクター」に売却すると発表しました。

対象となるのは、同子会社および三洋電機が保有する半導体資産で、売却額は約330億円。今後は12月末までに手続きを完了する見通し。

三洋では、パナソニックとの統合の一環として、不採算部門を中心にシナジー効果が薄い事業部門の整理を積極的に実施しており、その戦略に沿って赤字が続く半導体事業の切り離しに至ったようです。

オン・セミコンダクターと三洋電機が半導体事業の戦略的売買で合意|三洋電機

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事