不景気.com > 国内倒産 > 千葉の測定器製造「坂口技研」が破産決定受け倒産、負債14億

千葉の測定器製造「坂口技研」が破産決定受け倒産、負債14億

千葉の測定器製造「坂口技研」が破産決定受け倒産、負債14億

千葉県柏市に本拠を置く測定器製造の「坂口技研」は、6月28日付で千葉地方裁判所・松戸支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1971年に創業の同社は、当初、プレス金型や各種精密試作品の設計・製作を主力に事業を展開。その後は、「一酸化炭素測定器」などガス測定器の設計・製作に軸足を移し事業を行っていました。

しかし、事業転換を機に売上が大幅に落ち込んだほか、測定器事業に係る先行投資が資金繰りを逼迫。景気低迷による計画変更などもあり、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約14億2900万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事