不景気.com > 景気対策 > 格安航空のライアンエアーが「立乗り席」を導入か、安全試験へ

格安航空のライアンエアーが「立乗り席」を導入か、安全試験へ

格安航空のライアンエアーが「立乗り席」を導入か、安全試験へ

アイルランドの格安航空会社「ライアンエアー」は、座席に変わる新たな試みとして「立乗り席」の導入を検討していることが明らかになりました。

同社は、昨年7月に利用者を対象とした「立乗り席」のアンケートを実施し、早くからその可能性に着目。短距離路線ならば支持が得られると判断し、実現に向け本格的な検討に入ったようです。

構想では、機内トイレの有料化に合わせトイレ数を縮減。その空いたスペースや、機内最後部の座席を撤去して作ったスペースに10列程度の「立乗り席」を導入する方針。

同社では「来年にも安全テストを開始する」としているものの、話題に事欠かない同社だけに真意の程は明らかではありません。

Ryanair to sell £5 tickets for standing-room only flights - Telegraph

News : Free flight - would you stand?

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事