不景気.com > 赤字決算 > ルネサスエレクトロニクスの第1四半期は330億円の赤字

ルネサスエレクトロニクスの第1四半期は330億円の赤字

ルネサスエレクトロニクスの第1四半期は330億円の赤字

半導体大手の「ルネサスエレクトロニクス」は、2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、四半期純損益が330億円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:ルネサスエレクトロニクス

売上 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 2920億3500万円 △3億3900万円 △330億6600万円
10/3月期(1Q) 2353億円 △439億円 △445億円
通期予想 1兆1900億円 70億円 △800億円

*10年3月期第1四半期は、合併前の「ルネサステクノロジ」と「NECエレクトロニクス」の単純合計額

半導体需要の急回復により、売上高は前第1四半期に比べ24%の増加を記録。しかし、四半期純損益では、連結子会社の固定資産において減損損失を計上したため、大幅な赤字が継続する結果となっています。

また、通期では大規模なリストラ策に伴う特別損失として約770億円を計上することから、通期純損益は800億円の赤字を見込んでいます。

平成23年3月期第1四半期決算概要 | ルネサス エレクトロニクス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事