不景気.com > 企業不況 > レイテックスが10年5月期決算短信の開示遅延、8月上旬めど

レイテックスが10年5月期決算短信の開示遅延、8月上旬めど

レイテックスが10年5月期決算短信の開示遅延、8月上旬めど

東証マザーズ上場の半導体検査装置製造「レイテックス」は、2010年5月期決算短信の開示を、決算期末日から50日を超えて遅延することを明らかにしました。

同社によると、2009年12月に返済期限が到来した借入金の履行延滞が発生したため、金融機関に対して返済条件の緩和などを要請しており、「継続企業の前提に関する注記」のとおり不確定要素が存在することから今回の遅延を決定したようです。

なお、当該決算に関しては、8月上旬をめどに開示を行う方針とのこと。

同社は、景気低迷による半導体市況の悪化を受け業績が落ち込んでおり、昨年9月には従業員の解雇によるリストラ策を実施していました。

「平成22年5月期決算短信」の開示遅延に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事