不景気.com > 国内リストラ > プロミスの希望退職者募集に966名が応募、特別損失68億円

プロミスの希望退職者募集に966名が応募、特別損失68億円

プロミスの希望退職者募集に966名が応募、特別損失68億円

東証1部上場の消費者金融大手「プロミス」は、子会社の「三洋信販」とともに実施していた希望退職者の募集に966名が応募したことを明らかにしました。

当初の募集人員である900名から66名の増加となり、応募者の内訳はプロミスで720名、三洋信販で246名。また、削減人数は両社全従業員の約3分の1強に相当する見通し。

この結果に伴い、同社では2011年3月期において約68億円の特別損失を計上する一方、年間で約74億円の人件費削減効果を見込むとのこと。

6月18日に施行された「改正貸金業法」の影響で取扱高の減少が予想されることから、固定費の削減が急務と判断しリストラの実施に踏み切ったようです。

希望退職者の募集の結果に関するお知らせ|プロミス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事